メアド回収業者にアドレスを教えてしまった場合

最終更新

おすすめ出会い系サイトの比較ランキングで評価している出会い系サイトには、サクラこそいないものの男性を騙そうとする悪質な女性利用者がいます。そのひとつの例が男性に出会えると思わせてメールアドレスを送信させ、サクラサイトの広告メールを送りつける送信先として悪用するメアド回収業者と言われる存在です。

アドレスを教えた後に起きること

誤ってメアド回収業者にメールアドレスを教えてしまうと、後々そのアドレス宛にサクラ行為を行っている悪質な出会い系からの広告メールが大量に送られてくるということになります。広告メールは、一般的にはPCアドレスから送られてくることが多いですが、時には携帯のメールアドレスからピンポイントで送信されることもあります。

相手がサクラであるという誤解

出会える系のサイトの利用者の中には、メアド回収業者にアドレスを教えてしまった際に、相手がサクラであると考える人もいるようですが、実際には相手はサクラではありません。たとえば、YYC(ワイワイシー)などでは登録者宛に悪質な広告メールを送りつけるというような行為は一切行われていないので相手が外部の業者である可能性が高いということになります。

対策・対処法

メアド回収業者にメールアドレスを教えてしまった場合には、焦りや不安を感じるものですが、結論から言えばさほど心配する必要はありません。メールアドレスを悪徳業者に知られたとしても直接的に不正課金されたりするわけではないので実害が発生することはほとんどないためです。たとえ、広告メールが送られてきたとしてもそれを開かずに捨てれば問題ないですし、広告メールの危険性については多くのインターネットユーザーがすでにしっかりと認識していることなので被害が及ぶことはほとんどありません。

ただ、広告メールが大量に送られてくること自体は非常に鬱陶しくもあり、その都度削除するのも面倒なので、できる対策はきちんとしておきましょう。

フリーメールのアドレスやPCのメールソフトなどに広告メールが送られてくる場合は、セキュリティソフトの機能によって自動的に『迷惑メールフォルダ』に分類されることが多いので特に対策を講じる必要はありませんが、携帯アドレスの場合は、各キャリアの受信設定変更メニューから迷惑メールが携帯に届かないように設定しておくと安心です。