金銭的な話が飛び交い過ぎる現実

最終更新

出会い系サイトが単に恋人探しのツールとして利用されている以外に、様々な男女間のトラブルや事件の舞台になる理由のひとつには、「日常とは違う相手の扱い」をしてしまうことの他に、利用者同士が会うこと、もしくは会って肉体的な関係を結ぶことの対価として金銭の提供をすることが多いという事情があります。

言うまでもなく、援助交際や肉体関係と引き換えに金銭を授受することは売買春に該当する行為であり違法なものですが、健全化が進む出会い系サイトの中でも、法規制によって義務付けられた届け出を行わない闇・出会い系サイトなどではこうした会話が多く繰り広げられているのが実情です。

しかし、これは何も利用者のモラルの低下だけが問題ではありません。そうした行為が出会い系サイトで多く見受けられるようになった背景には出会い系のサクラの存在があります。というのも、以前の出会い系のサクラは利用者に対してメールを送る際に一般人を装って日常的な会話をするというのが主なスタイルでした。しかし、利用者がサクラを見分けるようになってきたことを受けて、金銭的な対価の提供を申し出るという非常に悪質な内容のメールを送るようになったのです。

このような内容のサクラメールが出始めた頃は、まだそこまで多くはありませんでしたが、現在ではサクラ出会い系に登録すると、確実にそうした内容のメールを受信することになるという状況にまで至っています。しかも、サクラメールのほとんどがそのような金銭的な対価を提供するというもので、送信する相手も男性会員だけでなく、女性にも送りつけるようになってきたというのが最近の傾向です。

出会い系サイトに限らず、どんなコミュニティ(人の集まりや集団)でも一人がモラルに反することをし始めると、後は箍が外れたようにそのコミュニティ全体の風紀が乱れるものです。出会い系サイトの場合は匿名性が高いため、よりその傾向が強くなる側面があり、そうしたサクラメールを大きなきっかけとして一般の利用者同士が金銭が絡む話題を繰り広げるようになりました。

もちろん、利用者間の不健全な会話がない健全性の高い出会い系サイトがあるのも事実ではありますが、それはまだほんの一部に過ぎません。インターネットの出会いサービスが恋人探しの手段として社会的に広く認められようとしている中では、こうした行為は無くさなければいけませんし、純粋に、出会いを楽しむという本来の目的を立ち返ることが運営者ならびに利用者にも強く求められています。